美顔になる メイン画像

豊胸は希望に合わせた方法が可能

女性らしさを表現する胸を大きくしたいという場合、美容外科で豊胸手術を行なうことが確実な方法といえます。 胸が小さいと悩んでいる場合には、ヒアルロン酸注入やインプラントバッグを挿入することでのバストアップ、年齢や出産によって胸が下がってしまったという場合にはバッグによる豊胸手術や皮膚の切除によって整えることや、左右の大きさが違うという場合にはヒアルロン酸注入によって調整したりすることなどが可能です。

患者自身の悩みに合わせて施術方法は選ぶことができ、術式や費用の違いなどをカウンセリングのときにしっかり説明してもらうことのできるクリニックを選ぶことをおすすめします。

豊胸手術なら脂肪注入法による美容整形手術がおすすめです

豊胸手術はシリコンバック注入法や脂肪注入法など、様々な施術方法があります。その中でも脂肪注入法はとてもおすすめです。脂肪注入法では、自分の余ったウエスト周りや太もも、背中などの脂肪を採取し、胸に直接注入し、胸を大きくする美容整形手術です。

メスを使用しないのでダウンタイムがとても短く、自分の脂肪を注入しているので、安定率がとても良いのがメリットです。安定率が良いとアレルギー反応を起こす心配もないですし、術後の合併症などの心配もありません。傷跡もとても小さいですし、レントゲン写真に写る心配もないので、周囲の人に気づかれずに胸の大きさを変えることが出来ます。

美容整形と豊胸手術のメリット

美容整形の中でも決して安くない豊胸手術を受けるメリットはどの辺にあるのでしょうか?胸は目元や鼻と異なり隠していれば、目立つようなものでもありませんし、皮膚のようにたるみなどが人に見られるようなものでもありません。

しかし、着たい服を着ることができなくなるという点は確かにあります。例えば胸で切り替えがあるようなワンピースや、体のラインがはっきり出てしまうようなワンピースは、パットでごまかしてもパットということがばれやすいです。またいつ落ちてくるかも不安になってしまいます。そういった不安要素をなくすことができながら、おしゃれをより楽しむことができるようになるのが最大のメリットです。

美容外科でシリコンバックによる豊胸術を受ける

美容外科で受けることのできる豊胸術に、シリコンバックがあります。この方法については昔からある施術法として、多くの人から知られています。最大のメリットとしては、大きなサイズアップを望むことができる点です。また、サイズアップの大きさも分かりますので、自分で仕上がりを確認することができます。

きれいにバストアップができるようになり、安全性も高くなったことから豊胸のなかでは一番人気の施術方法になります。また、万が一気に入らないようなケースがあったとしても、シリコンバックを取り出すことで元の状態に戻すことが可能です。

美容外科で行うシリコンバックでの豊胸術

美容外科でのバストアップを叶えるためにシリコンバックでの豊胸術は知られていますが、具体的な方法が知られていないことがあげられます。シリコンバックを挿入する際には、3箇所の切開方法があります。バストの傍から入れる腋窩切開については、脇のしわに紛れるので切開跡が分かりにくい点があげられます。

乳輪切開については、傷が治りやすいとも言われていますが、万が一失敗してしまった場合には分かりやすい点があげられます。乳房下切開は最も簡単な切開であることが言われていますが、バストが小さい場合には、切開の跡が目立ってしまうことがあげられます。このような事をしっかりと踏まえ施術を行うようにしましょう。

LINK

おすすめ情報をご紹介。