美顔になる メイン画像

冷静に判断したい豊胸

カウンセリングのために美容外科を訪れて、豊胸について詳しい話を聞いた後は、ぜひ受けたいと思う事もあるかもしれません。しかし、先生の話に流されてしまったり、その場の雰囲気で豊胸をしたいと思う事もあるかもしれません。

ですので、自分一人で冷静になって豊胸を受けるかどうか考える時間を持つというのはどうでしょうか。豊胸はいつでも受ける事ができますので、慌てる必要もないかと思います。それよりも、慌てて豊胸手術を行ってしまって、思い通りにいかない時の不満が大きくなるという事も考えられます。

無理をするのではなく、考え出すと迷ってしまうという人は、考えるために長い時間を取るというのもいい事かと思います。

豊胸手術はカップを選べる物もあります

豊胸手術の選び方の一つに希望通りのカップになるかという点もあります。豊胸手術はいくつか種類があり、それぞれデメリット、メリットが違います。リスクがあまり無い方法や触り心地が良くなる方法等がありますが、殆どの手術方法だと胸に注入出来る物に限りがある場合が多く、希望としているサイズが大きいと実現出来ない事もあります。

触り心地とサイズの両方を実現出来る手術方法は限られているので、大きいサイズにしたい場合は手術を受ける前にリスク等をちゃんと把握した上でちゃんと希望通りのサイズを実現出来る方法を選びましょう。

豊胸の術後に気を付けることとは

豊胸の術後に気を付けなければならないのが、「ダウンタイム」です。どのような症状が現れるかは、豊胸術の種類によって異なります。まず、「豊胸バッグ挿入法の場合」。

「乳腺下法」と「大胸筋下法」の二つがあり、前者の場合は乳腺の下辺りに強い痛みが出るのが1〜2日で、その後も1週間は軽い痛みが残ります。後者の場合、強い痛みが3〜4日続き、完全に治まるには10日ほどかかります。次に、「脂肪注入法の場合」。

強い痛みが1〜2日ほど続き、完全に治まるには5日ほどかかります。バッグ挿入法より痛みのレベルは軽いですが、少なくとも3日は休暇をとったほうがよいでしょう。また、この方法の場合、胸以外にも足や腹部などにも負担がかかるので注意が必要です。

そして、「ヒアルロン酸注入法の場合」。これは、上二つの方法と比較して、かなりダウンタイムが短くなっています。筋肉痛程度の痛みが2〜3日ほど続きますが、強い痛みは出ないので、人によっては翌日から仕事をすることも可能です。

豊胸術vaserを受けてみよう

豊胸術vaserを受けるためには、まず事前にカウンセリングが必要です。そこでどれくらいサイズをアップしたいのかをいうことを先生と確認しあいます。こちらの施術はカウンセリング当日に受けられるものではないため、カウンセリング→改めて実際に施術を受ける日の予約→当日という流れになります。

またこちらは事前に採血が必要になりますので、施術当日だけでなく、カウンセリングの前日などもできればアルコールの摂取は控えるようにしましょう。この採血の結果が思わしくないようですと、施術自体受けられなくなってしまいます。

vaserの豊胸術なら検討する価値あり

自分のバストに長年劣等感を感じている人も多いかもしれません。薄手のトップスを着たときなど、バストラインがでやすい洋服を着る場合は特にしっかり目のカップをつけたり、人しれず苦労していることもあります。

また普段から良いとさるサプリを飲んでみたり、バストアップに良いとされる運動に取り組んでいる人も多いかもしれませんね。でも思うような結果がだせていないのであれば、一度美容整形の豊胸術も検討してみる価値があります。vaser法で体の余分な脂肪を取り除いたあと、バストに注入することで、念願だったきれいなバストづくりが可能になります。