美顔になる メイン画像

メスを使わない二重整形、埋没法について

二重まぶたを手に入れて印象的な目元になるためには、二重整形を行う必要があります。とはいっても、ダウンタイムが気になったり、メスを使う手術を不安に感じる人が多く居るのも事実です。

そういった人には、埋没法の手術が良いでしょう。まぶたに糸を通すことで二重を作る方法で、メスを使わない手術です。切開法と異なり傷口が無い分、まぶたの腫れや痛み、内出血も少なく、ダウンタイムを短く済ませることができます。

費用に関しても10万円以下の金額で受けられるクリニックが多く、切開法と比べてると金額の面でも受けやすい手術になります。

美容整形で人気の低料金の二重整形

全国の美容整形で人気が高いといわれる二重整形には、学生など若い女性も比較的多く利用しています。プチ整形で代表的な施術であることから、他の施術と比べて手頃な料金設定となっています。

ですが、目のタイプによって、二重を長くキープできなかったり、イメージした目に仕上がらない、といった事例もあるため、担当医としっかり相談することが大切です。そのためには、理想とする目の形をわかりやすく伝えることです。それができるか、できないかで結果の満足度は大きく違ってきます。同じ二重であっても、幅や線の位置によってイメージが大きくかわります。

美容整形で二重整形なら切開法が良いです

二重整形をしたいと考えているなら切開法がおすすめです。切開法はメスでまぶたを切除し二重にする方法で、埋没法と違い痛みや腫れは多少ありますが、より理想の二重まぶたに近づけることが出来ます。

まぶたの余分な脂肪を採取する事も出来ますし、皮膚も切除することが出来るので、よりシュッとした二重にすることが出来ます。そして最大のメリットが、一度施術を行えば効果が半永久的に維持することが出来る点です。埋没法は施術後何度も通院をしないといけないですが、切開法ではその必要がないので、働いていて時間の無い方におすすめの美容整形です。

二重まぶたをゲットするために美容整形を受ける

美容整形で二重まぶたをゲットするためにはそんなに長い時間を必要としていません。施術自体は埋没法なら15分程度、切開法でも30分もあれば完了してしまいます。またダウンタイムもすべて合わせて1週間程度だと思いますので、長いことメイクができないわけでもありません。

多少やはり目が腫れてしまう人もいるようですが、どのような施術を受けたとしても痛みや腫れは出てきてしまうものですので、我慢できないようなものではありません。また、カウンセリングを受けたらそのまま施術を受けることができるその手軽さも、人気の理由でもあります。

絆創膏で美容整形を受けなくても二重まぶたを作れる

アイプチなどもいいですが、あまり安すぎるものですとすぐにはがれてしまいますし、あまり高いものですとアイプチだけである程度のお金が飛んでいってしまいます。美容整形を受ければいいのかもしれませんが、それも怖いし、お金もかかるのでできない・・・といった人におすすめなのが、絆創膏で二重まぶたを作るというものです。

絆創膏の種類は本当になんでもいいのです。100円均一のものでも勿論okです。絆創膏を細く切って、自分の目の形に合うように整え、ただまぶたに張り付けるだけです。以外としっかりしており、簡単にはがれてしまうことがないのです。