美顔になる メイン画像

バストアップ手術の1つハイブリッド豊胸とは

バストアップの手術にハイブリッド豊胸があります。これは脂肪注入とシリコンバッグを組み合わせて行い、大幅なバストアップを目指す方法です。脂肪注入は自身の脂肪を使用するので違和感がないとされていますが、脂肪は身体に吸収されやすく思ったよりもバストアップをしなかった、という声もあります。

またシリコンバッグはバストアップには良いのですが、寿命が約10年とされているので、メンテナンスが必要になります。それに対しハイブリッド豊胸は双方のメリットを生かし、大幅なバストアップをすることが出来るにもかかわらず、10年以上の効果を維持することが出来るとされています。 価格は美容外科によって異なるので、カウンセリング時に価格について詳しく聞いておくと良いでしょう。

美容整形と豊胸手術と痛み

美容整形の中で全身麻酔をするような手術が必要な施術はほとんどありませんが、豊胸手術と脂肪吸引に関しては全身麻酔を使用します。そのため体への負担はかなりかかる施術だということを覚えておきましょう。こちらの施術のダウンタイムは焼く1週間です。

シャワーは術後3日、浴びない方がよいとされており、お舟につかるのも1週間は避けた方が無難です。またもし事前に風邪を引いていたり、アルコールを摂取していると受けることができないので、体調管理はきちんとしておくことが必要です。タバコの習慣がある人はタバコもやめておいた方が無難です。

美容整形である豊胸手術をおこなう

美容整形である豊胸手術をおこなう人は増えている傾向にあります。その理由としてはさまざまな方法があげられますが、第一に美容整形が身近になったことでしょう。また、安全性についてもより高くなり、仕上がりも自然になったことから、多くの人が整形を受けるようになりました。

豊胸手術については、シリコンのバックを挿入する方法の他にも、自分の脂肪を吸引したことでできる脂肪注入法や、ヒアルロン酸を注入することができます。この方法についてはメリットデメリットがそれぞれありますので、自分に適した方法でおこなうことが一番だと言えるでしょう。

美容外科でニーズの高い豊胸術

美容外科でニーズの高い豊胸術はこれまでの長い歴史があり、安全性や効果が高くなったことから、多くの人が受けるようになっています。日本人のバストに関しては、欧米の人に比べて小さいことがあげられますので、大きなバストに憧れ豊胸の手術に踏み切る人は多くいます。

また、身体の全体のバランス感についても、ほどよくバストの大きさがあった方が良いことから、バストアップの施術に望む点があげられます。美容整形以外であると、なかなかバストアップをする事はむずかしいですので、今後においてもニーズが上がってくることでしょう。

豊胸を行えば美容外科のサンプルになる

実際に受けている美容整形によって、もしかしたらサンプルとして提供できる写真を取れるかもしれません。特に豊胸については、いい完成度のものは写真として掲載したいと思っているので、美容外科から撮影してもいいかと言われる場合があります。

この場合はサンプルを撮影することを前提として、格安で手術が受けられる可能性もあります。豊胸は結構高いとされている方法ですから、安く実施できるようになれば大きいと判断できます。ただ行える方法によっては、写真を撮影しないことも多いので、実施できるかどうかは相談してから考えます。