美顔になる メイン画像

豊胸手術の方法

水着に着替えると気になるのが胸の大きさではないでしょうか。

最近は機能性が良い胸パットも販売されていますが、より自然なバストに見せるには豊胸手術という方法も考えてみても良いかもしれません。

最近は注射で胸を膨らませる方法などもありより体の負担が少なく受けれるようになってきているようです。

シリコンなどのバックを入れる豊胸手術をした後は、柔らかく動きのある自然なバストにするために術後のマッサージが必要とされています。

もしマッサージを怠ると硬く動かない不自然なバストになる可能性がありますので、豊胸手術を受ける前にマッサージの方法を確認しておきましょう。

豊胸手術の傷跡について

貧乳の女性は大きなバストに憧れる人も多いですが、いろんな方法でバストアップを試みても全然効果がでないという人もいます。 そんな時は豊胸手術をおこなう人もいますが、手術方法もいろんな方法があるのでリスクもしっかり確認することが大事です。

シリコンバッグを挿入する豊胸手術の方法が、確実にサイズを大きくできるので人気がありますが、メスを身体にいれる手術方法なので、傷跡が消えないことや傷跡が目立つこともあります。 後遺症を気にしたくないならば、できるだけ豊胸手術の実績が多い医師のいるクリニックに通うことが大事です。

豊胸術で女性の悩みを解決!

胸の大きさはスタイルをよく見せるために重要な要素であり、少しでも大きく豊かな胸にしたいという望みを持っている女性が少なくありません。少しくらいはブラジャーの補助によってサイズを大きく見せることも可能ですが、胸元を開けたり服を脱いでもサイズが大きく形が美しい方が嬉しいものです。

そこで、豊胸術を選択する女性が多くいます。豊胸のための手術には大きく分けて3つの種類があり、胸部に脂肪を注入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法、インプラントを挿入する方法です。

脂肪注入をする方法の場合、ご自身の身体にある余分な脂肪を吸引し、胸部に注入することになります。注入した脂肪は自分の身体にあったものなので不安が少なく、また、胸に不自然な硬さができてしまうことなく、見た目や触感が自然なものとなります。

豊胸に加えて、自分の身体から脂肪を吸引することもで下半身など気になる部位の部分痩せも同時に実現できます。大きな物を挿入するわけではないので傷跡が小さくて済むこともメリットのひとつ。他の人から気づかれることなくバストアップが可能です。

ボディーラインを整えるならvaserの豊胸術

なんの苦労もせずに、女性らしいバストラインや痩身が可能となる方法がただ一つあります。身体への負担が少ない施術で、細くなったあともリバウンドの心配がほとんどないと言われています。また理想とするバストの形にこだわった豊胸術も可能ですから、全身のスタイルアップに最適な施術法としておすすめできます。

特に超音波を使ったvaserで豊胸すると、今までと変わらないソフト感をキープしたままのバストアップがきるようです。体や顔の気になる脂肪を負担なく取り除けるため、豊胸術と一緒に部分痩せもおこなえる活気的な美容整形と言えるでしょう。

vaserでの豊胸術について

バストに対してのコンプレックスは多くの人が抱えているものでしょう。特に、欧米人に比べてバストが小さい傾向にある日本人においては、バストアップを目的とした整形おこなうケースもあります。

しかしながら、大幅なバストアップではなく、自然な仕上がりでのバストアップを希望とする人が多い傾向にあります。そのため、シリコンを挿入するバックの他にもヒアルロン酸や脂肪注入をおこなうことができます。

脂肪注入をおこなうためには、脂肪吸引が必要となり最近では脂肪が少ない人においても、最新の吸引機器であるvaserで吸引することで、脂肪注入による豊胸術が可能になります。