美顔になる メイン画像

希望サイズの豊胸が受けられます

美容外科では、豊胸手術を行っています。豊胸手術には3種類あり希望サイズに応じて手術種類を選ぶ事ができます。1サイズから2サイズのアップが希望の方はメスを使わず、注射器でヒアルロン酸を注入する方法が適切です。

1〜3サイズの場合には高濃度の脂肪を注射器で注入する方法が適切です。大きなサイズアップの場合には医療用バッグを挿入する方法が適切です。医療用バッグを挿入する際にはメスを使用する事になります。また挿入する場所も乳腺下法・大胸筋下法・大胸筋膜下法の3つがあるので医師と相談し適切な物を選ぶ事が大切です。

豊胸手術の選択肢が広がる美容整形

数多くの施術方法が存在するようになった美容整形の中でも、豊胸手術には新たな技術が多く取り入れられています。メスを入れた上でシリコンバッグが挿入されるといった従来の方法以外にも、注射器が利用されることで脂肪注入が行える施術も広く取り扱われています。

身体への負担やリスクが軽減させられると共に、施術時間やダウンタイムも短く済ませられることなど、多くのメリットが挙げられる方法でもあります。また、レーザーの技術が取り入れられた脂肪吸引によって除去された脂肪も、豊胸術として応用させることができるため、併用した施術も受けられます。

美容整形として取り入れたい新たな豊胸手術

胸を大きく見せるための豊胸手術に興味を持つ女性は多く、長年のコンプレックスから解放される手早い手段としても認識されています。近年、様々な美容整形が存在している中、メスを使用しない整形手術も多く取り扱われるようになりました。

注射器を利用して脂肪注入が行える豊胸術は、自然な胸の馴染み方にとって、違和感のない胸の形成が実現させられます。また、脂肪吸引後の脂肪を豊胸へと応用させられる施術にも注目が寄せられており、身体への負担やリスクが軽減されながら受けられる施術方法として、積極的に取り入れられています。

美容外科で豊胸の施術を受ける

バストの大小は人によって異なりますが、生まれつき小さい人も多くコンプレックスに思っている人も多いようです。これまでマッサージやクリームなどで、思うような効果を得られなかった人もいることでしょう。そのような人におすすめしたいのが、美容外科で行うことのできる豊胸術です。

身体へメスを入れるのに抵抗がある人であれば、ヒアルロン酸を注入する方法もあります。ヒアルロン酸については、身体のなかにある成分になりますので、アレルギーの心配もなく施術をすることができます。様々な方法でバストを大きくすることが可能になりますので、担当医師と話し合いの上決定するようにしましょう。

豊胸を大阪でするならここ。

美容外科でヒアルロン酸による豊胸術を受ける

美容外科で受けることのできる施術として、豊胸術をあげることができます。この豊胸術のなかにヒアルロン酸を注入することで、バストアップを望める方法があります。ヒアルロン酸と聞くと目や鼻に行うプチ整形を想像しますが、胸においても適した施術の方法になります。

この方法の最大のメリットとしては、やはり手軽に施術を行うことができることでしょう。ヒアルロン酸がそのうち体内に吸収されてしまう目安の時間は、施術時間も30分前後であります。また、ダウンタイムなどもないことから、日常生活にも大きな負担がなく施術ができることから多くの人が施術を受けています。

LINK

おすすめ情報をご紹介。