i 美容整形及び脂肪吸引は内出血がつきものです。美容整形と美容外科参考サイト 大阪、東京
美顔になる メイン画像

美容整形及び脂肪吸引は内出血がつきものです。

美容整形や脂肪吸引を行なうと場合によっては内出血を伴う場合があります。 傷口の縫合方法や脂肪の吸引量によって内出血する量や範囲は異なりますので、受診する美容外科の担当医と手術内容に関して詳しく相談すると良いでしょう。

また、脂肪吸引はお腹・腕・脚の他にも首や頬などの部位から吸引する事も出来ます。 脂肪吸引の手術は日帰りで行なう場合と入院が必要な場合があり、手術後は包帯による圧迫固定が必要な場合と不要な場合があります。 圧迫固定が必要な場合は入浴出来ない場合がありますので、担当医と相談してから入浴すると良いでしょう。

美容外科で行っている「脂肪注入豊胸」の特徴

美容外科で行われる脂肪注入をする方法の豊胸手術は、それをしたとわかりにくい、自然な仕上がりになる傾向があります。他の手術方法と違って、生きている細胞を注入するので、人体に影響がないことがメリットとなります。どんな人が触ったとしても、シリコンのように違和感もなく、手術を受けたとわからないほどです。

それに、ヒアルロン酸のように大きさを数カップしか上げられないなどのことがありませんが、注入する脂肪を脂肪吸引で用意しなければいけないです。そのため、同時に行うには費用が高くなってしまうこともあるので、手軽には受けられないデメリットもあります。

美容整形の脂肪吸引はどんなメリットがあるのか

美容整形の一つである脂肪吸引は、肌に小さな穴をあけて管を入れ脂肪を吸引し、脂肪を減らすことができる方法です。そのメリットには、脂肪を吸い取るので即効性があること、細胞そのものを減らせるためリバウンドしにくいこと、脂肪が落ちにくい気になる部分だけを痩せさせてボディラインを整えられることが挙げられます。

ただし、脂肪吸引はうまく吸引しないと見た目がデコボコとした状態になる場合もあります。仕上がりは手術を行う医師の技術に左右される部分も大きいので、おかしな仕上がりになることを防ぐにはクリニック選びも重要です。

美容整形クリニックを探す前に知っておきたい脂肪吸引の種類

脂肪吸引にはメスを使用するものと使用しないものがあり、それぞれ施術方法や効果が異なります。多くの美容整形クリニックで導入されている脂肪吸引法には、古くから使用されている施術の一つであるシリンジ法やレーザーで脂肪を溶解したあとに吸引する脂肪溶解レーザー、ジェット水流をカニューレの先端から脂肪細胞に当てて、脂肪を分離させて吸引していくボディジェット法などが挙げられます。

クリニックによって導入している治療法が違うため確認が大切です。また、施術の種類によって時間やダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)、手術可能部位、そして費用などが異なるため、治療法を選ぶ時は事前によく調べることが大切です。

脂肪吸引を受けられる美容整形

主なメインターゲットは女性ですが、男性にも人気があることとして美容整形の知名度が上がっています。きれいな肌を手に入れたい、理想の身体に近づきたいという願いは多くの方が抱いています。そこで美容外科で行っている施術の一つに脂肪吸引があります。

二の腕や太もも、アゴのあたりなど人体には脂肪がつきやすい場所がありますが、気になる部位の脂肪を吸引して痩せ身に慣れる効果を持っているのです。脂肪を抜き取るだけなので身体に異変が生じると言う事がありませんし、女性の場合は抜き取った脂肪を胸に注入することで豊胸施術にもなるので、需要が高まっています。

LINK

おすすめ情報をご紹介。